太田すうがく道場かわら版

アクセスカウンタ

zoom RSS 教える思想(8) 〜教えるって何だ?教育って何だ?〜

<<   作成日時 : 2017/07/06 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

教える思想―ツイート集(ツイート以外も少々
太田すうがく道場 @ohtamath
「面白い」を広げていく―そのために学ぶ。
学ぶことで、人生の見晴らしがよくなる。味わいが増してくる。
心がふわっと豊かになる。
行くべき道が自分の方にすうっと近づいてくる。
大事なことは、肩の力を抜いて、
既存の価値観に縛られずに、心を自由にして学ぶこと。
齢を重ねるにつれしみじみそう思う。
RT はる/三春/みらい選挙Project‏ @miraisyakai 2017.7.6
今は興味ないことだって本当は面白いんだろうな。
面白いって思えないのは、
面白いと感じるための何かがまだ自分には足りないからだよね。

<2017.7.6 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
一辺の長さが1である正五角形の面積はいくらか(某私大入試問題)。
これを、十分な時間も与えず、マークシート方式で答だけを書かせる。
tan54°の値は覚えているが、導出できない人が合格し、
tan54°の値は覚えていないが、導出できる人が落ちるという不合理が
生じる可能性がある。
偏差値なんて、出題が悪ければ学力の指標にすらならない。
<2017.7.21 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
一途に真理に憧れるべきである。
努々、「○○学」なる学問、いわんや学校などに憧れてはならない。
それは得てして権威主義の権化となって、
純粋な知的好奇心を鈍化させ、
豊かな感性、自由な精神を蝕んでいくから。
真の学徒は只管真理を目指す。
学問も学校もそのための単なる手段にすぎない。
<2017.7.21 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
「数学って何の役に立つんですか?」とは一種の反語表現で、
「数学など何の役にも立たないのだ。
だから出来なくても一向に構わないのだ。」
と言いたいのだろう。
だが「こんな勉強、何の役に立つのだ?」と感じた時は
大方、学習方法が不適切なのだ。
公式・解法の丸暗記では、確かに何の役にも立たない。
RT Kenjiro Sugimoto‏ @wosugi3 2017.8.2
「数学ってなんの役に立つんですか?」って言う人の大部分が、
かなり役立つはずの英語すらあまり勉強してなさそうなので、
要するに勉強したくないだけなんだと思う。

<2017.8.6 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
お金の事と言うよりも、労働に対する敬意の問題であり、
それは早くからしっかりと子供たちに教えるべきである。
自分のために労働をしてもらう以上、
労働の対価や私生活への支障の問題に対して気を配る感性を持つことは
人間としてとても大切であり、重要な教育課題のひとつだと思う。
RT ちゃとらん‏ @GiSrgy4efwXE1ih 2017.8.5
返信先: @TNTO8698さん、@wakateowlさん
「顧問が日曜部活休みにする」と文句言う生徒に
同僚が「先生はタダで家庭犠牲にして来てくれてるんだよ!」
と言ってくれた(ありがたや)。
生徒は「?」な顔してて、
保護者から「子供にお金の事言わないで下さい」と
抗議の電話あったそうです。
将来自分の子供が同じ目に遭うかもしれないのに。

<2017.8.6 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
基礎力がないのに、時間がないからいきなり応用問題をやって、
少し考えてわからなかったら模範解答を読んで解法を覚えると言う。
模範解答は実際に問題を解く時の思考経路とは違うので、
それを思考体験の乏しい者が読んでも
解法を組み立てる迄の経緯が読み取れない。
使えないゴミ情報を取り込むだけだ。
<2017.8.24 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
先を考えて不安が頭をよぎる度に尻込みし、ハードルを下げてきた君に、
この言葉を捧ぐ。もう目にすることはないだろうけど。
挫けるのを恐れて躍らない君の心
醒めるのを恐れてチャンス逃す君の夢
奪われるのが嫌さに与えない心
死ぬのを恐れて生きることが出来ない
(『愛は花 君はその種子』)
※下記に続けてのツイート
太田すうがく道場 @ohtamath 2019.8.20
考えても分からないと言うからどうしてだろうと思えば、
なんてことはない。
教科書の内容すらも頭にない。おぼろげにもない。
どう考えても最低限の努力が欠如している。
それで、自分には才がないと言い出す。
或いは、更なる易行探しを始める。
易行とは、己と真剣に対峙し苦悩した先に見える光のことだ。

<2017.8.27 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
易行とは、本来「我武者羅ではない妙法」のことだと思っている。
だが、この道に入るのもそう容易いことではない。
「いづれの行もをよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」
の覚悟、不退転の決意が要る
ー親鸞聖人はそう仰っている(歎異抄第二条)。
他の道への迷いがあるうちは駄目である。
※下記に続けてのツイート
太田すうがく道場 @ohtamath 2019.8.20
考えても分からないと言うからどうしてだろうと思えば、
なんてことはない。
教科書の内容すらも頭にない。おぼろげにもない。
どう考えても最低限の努力が欠如している。
それで、自分には才がないと言い出す。
或いは、更なる易行探しを始める。
易行とは、己と真剣に対峙し苦悩した先に見える光のことだ。

<2017.8.27 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
「たとひ法然聖人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、
さらに後悔すべからずさふらふ」【歎異抄第二条】
信頼とはそういうものだ。
他に道なしの確信と共に己の中に揺るぎなく在るものであって、
相手に告げるべきものではないし、
感情や都合でオン・オフできるような浅薄なものでもない。
<2017.8.27 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
「このように導くことがニガテな人は,
次のように覚えてしまってもよいでしょう。」とあるが、
基本的考え方に則って導くことから逃げて丸暗記に走る学習法で、
果して三角関数を習得できるのか。
思考拒否を意味する「ニガテ」に迎合する指導でいいのか。
http://kou.benesse.co.jp/nigate/math/a14m0313.html
<2017.9.7 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
最近の教育は、子どもたちに出来るだけ現実的な骨折りをさせないで
「この問題はこう解く」というマニュアルの実行だけを
繰り返しさせようとする。
だから、多くの子は、
解き方を教わっていなければ絶対に解けないと思い込み、
自力で挑んだ時のくたぶれの中にこそ
現実的で深い教訓があることを知らない。
RT小林秀雄bot‏ @hideo_critic 2017.9.11
骨折り損のくたぶれ儲けという事がある。
これは骨さえ折れば、
悪くしたってくたぶれ位は儲かるという意味である。
現実的な骨折りをすれば、くたぶれだって現実的な内容をもっている。
その内容はいつも教訓に溢れている。
【批評について】

<2017.9.13 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
大学進学まで志望していながら、
何故か筋道を立てて考えることが億劫で、
不誠実にも早々と数学や科学の勉強を捨てて、
それから得られる思考力は文系には必要ないと思い込み、
地に足の付いた思考力を持たないまま、
単にちまちました知識を詰め込んで大学の門をくぐった後に、
一体何が残るのだろうか。
RT 脳科学者 茂木健一郎の教え‏ @noukagaku_oshie 2017.9.12
普遍的に意味を持つ数学や物理化学、日本語や英語力はともかく、
いわゆる「文系」の入試で
日本史や世界史のちまちました知識を詰め込む入試は、
とにかく正気の沙汰じゃない。
そんなもので「選別」された日本の大学生は、
分析能力やシステム思考において、エリートでも何でもない。#脳科学

<2017.9.13 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
◆小学校で『割合』を習い始めた頃、
小さい数を大きい数で割ることに
どうにも納得がいかない思いがあったが、
【割合】=【割合に当たる量(当時そう言っていた)】
÷【もとにする量】
の式を兎に角覚えて使っているうちに、
いつの間にか腑に落ちていた。
算数には確かにそういう側面もあるように思う。
RT marmot1123‏ @marmot1123 2015.3.21
べつに「みはじ」や「きはじ」をそんなに毛嫌いする必要はないと思う。
最初は暗記的、機械的に使っていたとしても、
使っていくうちに意味と実感が伴っていくものだと思うから。
#みはじ #きはじ

◆しかし、最近は中学生にも、方程式等の応用問題を解く際に
「きはじ」マークなどを答案に書く子を多く見かけるようになった。
覚える→使う→意味を考える→理解する→自分のものにする、
へと必ずしも繋がっていかない状況を目にすると、
さてどうしたものかと考え、算数指導の難しさをしみじみ感じる。
<2017.9.15 Twitter>

太田すうがく道場 @ohtamath
そもそも「○○大卒」なる学歴が指標にされることを当てにして
大学に進学する根性が浅ましい。
RT sengen‏ @unkeides 2017.9.15
日本で「学歴」は意味を持つか
〜「学歴は指標として役立たない」と企業が気づきつつある〜
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=321256&g=131107 … … pic.twitter.com/FS4Dyp5ZX1
<2017.9.15 Twitter>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教える思想(8) 〜教えるって何だ?教育って何だ?〜 太田すうがく道場かわら版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる