アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
太田すうがく道場かわら版
ブログ紹介
三鷹市内で、算数・数学の学習指導を柱とした塾を主宰。
日々、こどもたちへの学習指導と自らの学び修行を通じて、
気づいたことをここに綴ってまいります。

齢を重ねるにつれ、
学びと人生の「見え方」が若い頃とは随分変わってきて、
あぁ、この娑婆世界は本当に虚飾にまみれたところなんだなぁ〜
と、しみじみ感じています。

そんな思いもここに書き留めながら、
自分なりの「学び論・人生論」をまとめていきたいと思います。
河島英伍さんの熱唱『時代遅れ』を心の中で聴きながら…。


♪目立たぬように はしゃがぬように 似合わぬことはむりをせず
 人の心を見つめつづける 時代おくれの男になりたい♪

♪ねたまぬように あせらぬように 飾った世界に流されず
 好きな誰かを思い続ける 時代おくれの男になりたい♪


◆なお、“本館”サイト「太田すうがく道場へようこそ」
 http://www3.plala.or.jp/ohtamath/
も宜しくお願い申し上げます。


〒181-0012東京都三鷹市上連雀4-7-13 太田すうがく道場
TEL・FAX:0422(44)8270
iタウンページ:http://nttbj.itp.ne.jp/0422448270/index.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
吉田武著『虚数の情緒』を読む(第T部第0章・その2)
■第T部<独りで考える為に>を読む ★第0章方法序説:学問の散歩道(第5,6節) 第0章の5,6節では、 科学と技術、物理と数学の関係について話が展開し、至言が並ぶ。 引き続き、以下にそれを書き留めておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 15:55
吉田武著『虚数の情緒』を読む(第T部第0章・その1)
■第T部<独りで考える為に>を読む ★第0章方法序説:学問の散歩道(第1〜4節) 数学の勉強に入る前に、 第0章を置いて先ずは、学び・学習指導の哲学が語られる。 ここでも、幾つもの言葉に共鳴する。 以下にそれを書き留めておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 14:47
教える思想(9) 〜教えるって何だ?教育って何だ?〜
教える思想―ツイート集(ツイート以外も少々) ●太田すうがく道場 @ohtamath 人間本来の知的欲求に委ねて自由かつ誠実に学べばいい。 そういう健全な勉強で入れないような学校ならば行かなくていい。 否、行くべきではない。 受験に照準を合わせた勉強を長くやりすぎると、 人間の価値観が確実に歪む。 それがその子の人生をどれ程チープなものにするか。 多くの親はそれに気づかない。 <2017.9.16 Twitter> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 10:53
吉田武著『虚数の情緒』を読む(巻頭言)
■初めに 〜吉田武著『虚数の情緒』を読む〜 数学の一テーマ「虚数」を軸にして 全方位的学びを展開するという趣旨に惹かれて購入した本書。 大部の著作であるため、長らく教室の棚に置いたままだったが、 いよいよ読み進めてみることにする。 以下に、読中メモを記す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 14:14
Twitterでの主なつぶやき(2017年8月)
■2017年8月(当ブログに別に抜粋・整理されていないもののみをここに収録) ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 8月16日 人は誰しも死ぬ。しかし、せめて幸せに死ぬことが出来たら、苦しい人生も生きた意味がある。だから、他人の幸せに死ぬ権利を奪うことは人間として決して許されない。他人の幸せに死ぬ権利を奪う者は極悪人である。正義・公徳心を全体主義とすり替えて、戦争を正当化し煽動する者は究極の極悪人である。 ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 8月27日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 18:16
教える思想(別巻) 〜魔術的手法を排し、科学的手法を貫く〜
●魔術的手法を排し、科学的手法を貫く【太田すうがく道場指導理念】 ◆ヒトの脳も一種の機械だから、 その特性に合った思考の型でものを考えるようにすれば、 場当たり的でなく、確実に問題を解決できる。 それを、数学演習を通じて体得する―当方はそれを目指す。 ヒトが潜在的に有するものに気付いていく作業だから才など要らない。 受験至上主義を排し、ひたすら学ぶ為に学ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 18:05
思考の詩(2) 〜プチ哲学・その2〜
■プチ哲学・その2 ●<南無阿弥陀仏> 昨年、親友TM君が亡くなった。 もう会えないと思う度、どうしようもない寂しさと後悔に襲われたが、 迂闊であった。 君と僕は六字の名号の中で会えるのであった。 君のことをふと思い出したら南無阿弥陀仏。 感謝の気持ちが込み上げたら南無阿弥陀仏。 酒飲みながら南無阿弥陀仏。 君は仏陀。 僕はまだ凡夫。 ※下記ツイートを読んで書く。 ●浄土真宗法語‏ @18vow 2017.8.20 恋しくば 南無阿弥陀仏と唱ふべし 母は六... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 13:41
教える思想(別巻) 〜思考の自立性について〜
●思考の自立性について ◆「思考の自立性」が真の学力の鍵だと思う。 まず問題との対峙、把握、分析。 そして、既に自らの知恵に同化した公式・定石などを頭に置きながら、 解決への段取りを模索・思考し決定する。 完全に咀嚼し切った知識を生かしつつ、 自らの確かなる直観と論理に基づいて 自己主張ができる思考力のことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 08:13
教える思想(別巻) 〜人工知能・人間の知能〜
●人工知能・人間の知能 ◆NHKスペシャル『人工知能』を見た。 人間が記憶・計算・学習能力を使って行う思考の形式を真似つつ、 その能力を怪物化させたものがAIだろう。 一方、人間には限られた機械的処理能力を補完する 直観・感性・意味付け等の生命体特有の能力をも持つ。 それがないAIは決して知能の完成形になり得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/25 13:36
太田すうがく道場・学習指導に関するツイートについて
●太田すうがく道場‏・学習指導に関するツイートについて ◆日々の学習指導での問題点をツイートし、 更に思考を展開してツイートを繋ぎ、 ブログに纏めて今後の在り方を考える。 個人名を挙げない一般論・問題提起であって誹謗・中傷ではない。 直接伝えた事で陰口でもない。 140字に圧縮するので強く響くかもしれないが、 冷徹な知性で真意を受け取って頂きたい。 <2017.8.23 Twitter> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 19:28
教える思想(別巻)〜才の有無なんて軽々しく口にするもんじゃないよ!〜
●才の有無なんて軽々しく口にするもんじゃないよ! ◆他人の才の有無を軽々しく口にする人を私は信じない。 才の有無など誰にもわからない。 そもそも先天的才能なるものの存在すらも疑わしい。 ましてや、たかが実用数学程度のものに、 私は才がないなんて発言は逃避の言い訳だ。 才がないねと、同調して欲しいのか? ないのは才ではなく、意欲と適正な努力だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 14:23
教える思想(別巻) 〜受験至上主義との闘い〜
■受験至上主義との闘い ◆難問・奇問でない限り、直ぐに解けないからと言って、 安易に解答を見ては力がつかない。 自分の力の限り考え抜くことが大切。 ―しかし、教科書に書かれている公式や基本的解法(定石)は 理解して頭に入れておかなきゃ、そりゃ無理ですよ。 教科書の問題を一度しっかり解けば出来ることだからやらなくちゃ。 ◆考えても分からないと言うからどうしてだろうと思えば、 なんてことはない。 教科書の内容すらも頭にない。おぼろげにもない。 どう考えても最低限の意欲・努力が欠如... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 13:24
教える思想(別巻)〜物理編〜
■文英堂『理解しやすい物理』から ◆文英堂『理解しやすい物理』第3章「電流と磁場」で、 @磁気に関するクーロンの法則、 Aビオ・サバールの法則、 Bアンペールの法則 が記載されていながら、 この3法則の関係について説明がないので、モヤモヤ感が残る。 仕方ないので、@→A→Bと順に導出する資料を作った。 学校教材も同じだろうか? ◆磁気のクーロンの法則の比例定数は、 静電気の同法則とは異なり、値が整っている。 これは磁気のクーロンの法則に基づく実験値ではなく、 アンペールの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 20:03
Twitterでの主なつぶやき(2017年7月)
■2017年7月(当ブログに別に抜粋・整理されていないもののみをここに収録) ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 7月2日 大疑獄事件森友・加計問題の解明を求める国民の声に対してまともな答弁もせず、憲法に基づく国会議員からの臨時国会開会要求にも応じずに逃げ回るなど不誠実極まる安倍晋三に対して行った「帰れコール」は民衆の一種の正当防衛であって、どうしてこれを非難できようか。「選挙妨害」とは片腹痛い。 RT 東京新聞編集局‏ @tokyonewsroom 7月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 18:18
教える思想(8) 〜教えるって何だ?教育って何だ?〜
教える思想―ツイート集(ツイート以外も少々) ●太田すうがく道場 @ohtamath 「面白い」を広げていく―そのために学ぶ。 学ぶことで、人生の見晴らしがよくなる。味わいが増してくる。 心がふわっと豊かになる。 行くべき道が自分の方にすうっと近づいてくる。 大事なことは、肩の力を抜いて、 既存の価値観に縛られずに、心を自由にして学ぶこと。 齢を重ねるにつれしみじみそう思う。 RT はる/三春/みらい選挙Project‏ @miraisyakai 2017.7.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 13:04
教える思想(別巻)〜作文指導の実践<自らの感性・直観に基づいて堂々と主張する姿勢を育てるために>〜
◆ヒトは論理だけでものを考えるのではない。 感性・直観と相俟って思考するのだ。 それは、例えば、ちょっと歯応えのある数学の問題を解いて、 自らの思考の跡を具に省察してみればわかる。 ◆しかし、数学という教科では、 感性・直観の正当性が論理によって厳格に精査されるプロセスのために、 自らの感性・直観に基づいて堂々と自己主張する姿勢を育てることは なかなか難しい。 ◆そこで、今、着目しているのが作文である。 これが上記問題点を補完する有効な学習となり得るのではないかと思う のであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 14:03
Twitterでの主なつぶやき(2017年6月)
■2017年6月(当ブログに別に抜粋・整理されていないもののみをここに収録) ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 6月1日 卑怯・卑劣を感知し、嫌悪する感性の欠如。「いじめ」の悪質化とも関連するのかもしれない。 RT 藤田孝典‏ @fujitatakanori 5月31日 若者が"三流政治"を支持する理由 http://blogos.com/outline/225887/ 考えたり議論したり、学んだり、『社会』のことを思う時間や場所がないのです。若者の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 10:08
Twitterでの主なつぶやき(2017年5月)
■2017年5月(当ブログに別に抜粋・整理されていないもののみをここに収録) ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 5月1日 美味しそう…。 https://twitter.com/Nojo516/status/858927155312459777 … ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 5月7日 安倍晋三が真性のバカで卑劣漢であることは、これまでの国会答弁やら森友事件報道やらを聞けば、どんなバカでも気付きそうなものだが、何故かなかなか急落しない内閣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 11:14
数学問題散策(恒等式・割り算の問題)
入試問題雑感 ■問題 (2x−1)(x+1)で割ると、余り2x+1…@ (x−1)^2で割ると、余り4x−5…A となる整式f(x)を (2x−1)(x+1)(x−1)で割ったときの余りを求めよ」(08 名古屋市大) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 19:17
Twitterでの主なつぶやき(2017年4月)
■2017年4月(当ブログに別に抜粋・整理されていないもののみをここに収録) ●太田すうがく道場‏ @ohtamath 4月1日 安倍政権が森友学園事件に深く関与していたことがバレバレ。 RT 保坂展人‏ @hosakanobuto 4月1日 「教育勅語」を教材として用いることはまでは否定されない」という答弁書を閣議決定したり、旧日本軍以来の「銃剣術」を学習指導要領で中学の保健体育に加わったというニュースが続いている。道徳の教科書検定でも、疑問続出の修正意見と、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 16:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

太田すうがく道場かわら版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる